葉酸サプリ摂取時の注意点

併用してはいけない薬がある

葉酸サプリは薬ではないから薬とは特に関係がないと思っている方もいることでしょう。しかし、葉酸サプリを利用する際には飲み合わせに注意をしなければならない薬があるのです。ここではその注意するべき薬は何かをお伝えしたいと思います。

葉酸自体はもともと葉物野菜に多く含まれているものでビタミンのひとつなのです。そのため、ほとんどの薬は併用をしても問題がないと言われている様なのですが、中にはどうしても避けなければならないものがあり、万が一一緒に服用を続けていると、その薬の効果が低くなってしまい体調に重大な結果を及ぼす可能性があるのです。

ではどの薬を処方されている場合に注意が必要なのかというと、てんかんを持病に持ち抗てんかん薬を内服されている方は注意をするべきと言われています。抗てんかん薬の中でもフェニトニンと呼ばれる薬は一緒に葉酸サプリを飲み続けるとてんかん発作を抑えることが難しくなってしまうため、十分注意し利用の際は必ず主治医に確認をしましょう。また、抗てんかん薬以外にも注意すべき薬があります。

一例ですが、パンクレアチンというコレステロール治療薬、癌治療に使用するメトトレキサートや広く知られているアスピリンなどです。最近では多く使用されているピルなどは葉酸の成分が効果的に吸収されないという作用が働くようです。では全く飲めないのかというと、そうでは無く、主治医と相談し可能であれば時間を空けての服用も出来る場合があるようです。

貧血 サプリメント

葉酸だけでなく必要な栄養素がある

葉酸はとても重要な栄養素であり、妊娠中や妊娠前の女性には欠かせないものですね。そのため、一生懸命葉酸サプリを摂ろうと頑張っている方も多いことでしょう。しかし、ちょっと待ってください。妊娠中を初め葉酸を必要としている方は葉酸だけ摂れば良いという訳ではありません。

葉酸サプリ,葉酸,摂り方,注意点

実は葉酸と一緒に摂るべき必要な栄養素はあるのです。何かというと、どちらもミネラルと言われ体内では作り出すことができないものであり、食事などから摂り入れるしか方法がないものです。

代表的なものではカルシウムやナトリウム、マグネシウム、鉄や亜鉛などです。その中で特に葉酸サプリを利用する際に必要なものは鉄とカルシウムと言われています。特に妊娠中の女性の場合、このふたつのミネラルはぜひ葉酸とともに積極的に摂って欲しいものと言われています。

善玉菌

それはどうしてか、カルシウムの場合は骨を作る材料として代表的なものですが、お腹の赤ちゃんを丈夫に育てるためには必要であり、出産後も授乳などではカルシウムは栄養分として必須なものです。また、カルシウムは心臓や筋肉を動かすという重要な役目もあります。

鉄分は血液を作るために必要なものというのはお分かりかと思います。
健康な赤ちゃんをお腹で育てるためにも鉄分は必要ですし、母乳も血液からできていますから鉄分が不足すると良質な母乳が作られません。そのようなことから、葉酸サプリはカルシウムや鉄分も含まれているものを選ぶと良いでしょう。

ベルタ葉酸

葉酸サプリの成分表を確認しよう

数多く販売をされている葉酸サプリですが、その中に含まれているものにも販売会社により多少の違いはあります。中には葉酸サプリの外装を見て印象で判断をして購入を決める方もいるかも知れません。それも相性によるインスピレーションですから良いかも知れませんが、出来れば表側のデザインではなく裏側の成分表を一度確認してみましょう。少し文字が小さいものばかりですから読みにくいことが多いのですが、気をつけて読んでみてください。その部分には一体に何が書かれているでしょうか。

主に使用されている原材料や利用量は少ないが使われている原材料、天然成分か合成成分であるか添加物などの種類が書かれていることでしょう。また、含まれている栄養素の配合の割合についても表記されていることが多いでしょう。そして、原材料の部分を良く見てください。基本的に使用された量が多い順番から原材料の表記がされています。

もしも添加物ばかりが先頭に書かれているような葉酸サプリであれば、葉酸の材料より添加物が多く使われているというびっくりするような内容となってしまいます。これは全く無い訳ではなく、悪質な場合実在するようなので購入前にしっかりと裏面の成分表を確認してみましょう。

葉酸サプリ,葉酸,摂り方,注意点


また、天然由来の原材料の場合は天然の記載が必ずされているはずですのでこれも区別ができるポイントです。因みに合成成分の場合は葉酸と書かれているようなので、一度見比べてみると判りやすいかも知れませんね。

すっぽんもろみ酢